乙女なパン屋さん「ちせ」


産後20日。
毎日赤ん坊とだけ向き合っていると、
昨日が今日だか、今日が昨日だか…さっぱり。

さて、大好きな本屋「ガケ書房」の
ちょうど向かいにあるパン屋さん「ちせ」。
何かの雑誌で見て気になっていたので、ガケ書房で立ち読みした帰り、
ちょっと寄ってみたのでした。

昭和チックな、言ったらちょっとダサい外観ながら、
店内は、北欧の雑貨屋さんのような可愛らしいディスプレイ。

52df83ff

置いてあるのは、天然酵母による手作りパン。
それに、自家製ジャムに、アクセサリー、2階には家具もあるよう。

パンは、ハード系のものが多いのかな。
お店の可愛らしさにつられて、結構たくさん買ってしまった。
写真は一部。

パンはどれも素材の味を生かしたという感じ。
ジャムも、手作りのラベルが可愛らしく、
トマトとりんごのジャムだとか、きういとりんごのジャム、
甘夏とカレンズレーズンのジャムなんてものあって、おいしそうでした。

ウェブショップもあるようなので、遠方で、気になるという人は、そちらからでもどうぞ。

ちせ nature and material
住所:京都市左京区北白川別当町28
電話:075-755-9865
時間:11:00~19:00 月・火休

2008年08月26日 | Posted in 食べる | | Comments Closed 

関連記事