迦陵 祇園(かりょう ぎおん)


忙しさを増してくると、痛み出す私の右手首。
先日、再び岡本カイロへ行き「これはヒドイ!」と言われつつも
手首から肩から背中から全身をほぐしてもらい、
仕事も一段落着いて、手首も落ち着いてきた今日この頃。

さて、今回は県外の友達が遊びに来たら、連れて行ってあげたいなぁと
思ったお店「迦陵 祇園」を紹介。だいぶ前に取材に行ったんだけど…。

まず場所が、いい。京都に住んでても「やっぱり京都っていいな」
と思えるような京都らしさを満喫できる祇園甲部歌舞練場前に位置していて、
造りももちろん町家。

路地を思わせる長い廊下を進むと、
町家の良さは生かしつつも、意外とモダンな店内へ。

昼・夜ともコースは1つ。
取材したのは夜のコースで、毎月メニューが替わり、全12品(7800円)。

この写真はちょっと暗くて見にくいけれど、蓮の葉を使っている。
そんな風に、季節が楽しめるような器だったり、
盛り付けに凝っていたり、見た目にも楽しい彩り豊かな料理が並びます。

〆に登場するのは、昔ながらのおくどさんで一気に炊き上げる釜飯。

カウンターに座ったなら、こんな風に炊き上がる様子が見られます。
季節の食材を盛り込んで炊き上げるので、湯気までおいしそう!という感じ。

一見さんお断りなんてこともなく、
祇園で夜食べに行って、コース1万円しないという
貴重でうれしいお店。

迦陵 祇園(かりょう ぎおん)
住所:京都市東山区祇園町南側(祇園歌舞練場前)
電話:075-532-0025
時間:11:30~14:00(LO14:00)、17:30~20:30(LO20:30)、水休

2007年12月10日 | Posted in 食べる | | Comments Closed 

関連記事