kitone(キトネ)


舞妓さんに変身したい!という思いを友達に打ち明けたところ、
賛同してくれる人が2人。
この秋、3人で舞妓さんに変身することが決定。
舞妓というか、芸妓というか。

今日はお気に入りカフェ「kitone」へ行ってきた。
雑誌「クウネル」や「天然生活」が好きな人なら間違いなく
はまるであろう、かわいらしく素朴な空間が広がるカフェ。

5d32bba5

8623785e

店内には作家さんが作った雑貨―陶器の器や木のイス、カゴなんかも売っていて、
それらがシンプルにテーブルに並べられているのを見ているだけでも幸せ。

店構えや雰囲気も大好きだけど、私が何より愛するのは
ここのマフィン。

2f9cc18b

厚みがあって、カリっとした歯ごたえとモッチリした食感があって、
シンプルにバターとハチミツをつけるだけなのに
それはそれはおいしーい!マフィンなのです。

マフィンについた焼印もカワイイ。

直火焼きマフィンとメニューにはあったような。
直火だと何が違うんだろうか…。取材したい。

9301b71a

マフィンを2つオーダーしたいくらいだったけれど、
スープとセットで900円だったか850円だったか。

マフィンはハチミツとバターで味わうのと
サーモンとクリームチーズがはさんであるものと2種類。

サーモンとクリームチーズのマフィンも食べてみたいと思うのだけど、
結局いつもシンプルなマフィンで落ち着いてしまう。

ちなみにスープもおいしいですよ。
ニンジン、タマネギ、セロリなどなど、たぶん10種類以上の野菜が入っていて
野菜の旨みだけで味付けしたような優しいおいしさ。
食べるスープのように野菜がゴロゴロ入ってる。

それにしてもこのマフィン、テイクアウトしてくれないかな。
ホント毎日でも食べたい!

ところでこのカフェ、とっても分かりにくい場所にあるので要注意。
下の地図かホームページの地図をしっかりチェックすべし。
私も一度散々迷ったし(挙句に閉まっていた)、お店にいるときも
迷ったらしき人がお店に電話をしてきて場所を聞いていたし。

kitone
住所:京都市下京区燈籠町589-1 1階
電話075-352-2428
時間:正午~午後6時 水・木休(臨時休業あり)


2007年10月03日 | Posted in カフェ | | 4 Comments » 

関連記事